So-net無料ブログ作成
検索選択

世界陸上2007終わりましたね。 [日記]

音楽の話じゃないので畳んじゃいま~す。ゴメンナサイm(_ _)m

8年間ほど陸上競技をしてた私。
とはいっても専門が中長距離(800,1500,3000)やったので、
フィールド競技(走幅跳、走高跳、砲丸投etc.)の経験はなく。
でも同じチームの仲間がやってたから、ある程度の知識はあるんだけれど。

まぁでも他のスポーツに比べたら、私にとっては陸上競技はかなり身近で。
この世界陸上も結構見てました。
まぁ色々ありましたが。
いちいち書いてると凄い量になるので、思ったことを一つだけ。

この大会の為に、わかるだけでもホンマにたくさんの人が動いてて、
そして知らないところではきっと、もっとたくさんの人が動いてるんだろうな、って。
そういうの、忘れたらダメだよな、って。

この前、市立高校の陸上競技大会のお手伝いにいったのですが、
そのとき、その運動公園にインターンシップに来たはる人(陸上未経験)も手伝ってくれはって。
職員さんは「陸上ってこんな多くの人の力がいるんや、ってわかってもらえたら」って言ったはった。
ほんまそうやんね。

例えば、100mの場合。
(小さい大会やったので、計時は機械じゃなくて人の手で行いました。)
まず器具を準備する人、選手を召集する人、スターター、フライングをチェックする審判、
ゴールでタイムをとる人、着順を確認する人、僅差になったときのためビデオをとる人、
そしてそれらの記録をまとめる人、その他いろいろ。

私は現役のとき、一つだけ決めてたことがあって。
それがどんなに嬉しい結果でも悔しい結果でも、トラックを出るときには、
走らせてもらえた感謝の気持ちを込めて必ず一礼する、っていう。

陸上競技だけじゃなくて、何でもそうだと思う。
自分の思ってる以上にたくさんの人の力で支えられてる。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:音楽

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。